HOME > ACTION & RESEARCH > 都市農村共生型の農業経営

都市農村共生型の農業経営STUDIES

交流やネットワークをベースに,地域の環境(社会,自然)を創造する農業経営の展開について研究をおこなっています。CSA(地域支援型農業),環境保全型農業,市民農園,グリーンツーリズム,直売所,ファーマーズマーケット(マルシェ),6次産業化,Local,Organic,フードロス などがキーワードです。
現在は,インバウンドに対応した農泊,「家族農業」や「小農」の経営,農家レベルからのフードロスの削減,酒づくりを支える村米制度,ネットワーク時代における新しい都市-農村コミュニティのあり方などに取り組んでいます。
Ph.D.student

李 驥

Ph.D.student

松原茂仁

Postgraduate Student

三木康平

Undergraduate Student

辻 萌

関連情報

修士論文 肖 暘(2017.3)農家楽発展と地域関連産業の関連性 -北京市官地村を例として-
施慧燕(2016.3)中国におけるCSAの展開と運営体制
谷津弘美(2015.3)英国におけるコミュニティ・アロットメントの展開